上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Poison Gteaux:Ⅱ   2011.08.31 // novel
この小説は残酷な展開、描写を含みます。
苦手な方は今すぐリターンすることをお勧めします。
それでも大丈夫な方のみ続きからどうぞ。


また、冒頭にある挿絵は残酷な描写はありませんので、挿絵だけチラッと見て帰るのもアリかもしれません。
...read more
スポンサーサイト


こんにちは。お知らせですが、ついったーを始めました!
こちらになります↓

warutuuuuuuuをフォローしましょう

気づいた方いましたら、ポチポチフォローしてやってくださるとうれしいです…!
なんかうれしくてすごく宣伝したくなっちゃう。
にしても、初日からテンションがやばかった(笑


今日は美術館行ってくるよー。


50yearsago.jpg
ほんとに2連続オズになりました。もう空描くのが楽しくて楽しくて!
勢いでガッと描いたら3時間ほどでできました。細かいとこ詰めてないけどまあ楽しかったからいいや。

逆行キラキラたのしいわー。大好きです。
髪が長いのはあれです。過去の話よってことにしといてください。

やーそれにしても、言わなきゃネタバレって気づかないのにって言われちゃそこまでなんですが、このファイル名ネタバレだよなあ…


色々更新   2011.08.26 // diary
imagesに1点追加、鎮魂歌の方更新しました。これで3章終了です。
やっと来た4章!!やっと話が動きます。おせえよ。


ところで、もーすぐ4章だーってのと、現在進行形で7章書いてるので、4章読み返したり台詞考えたりしてて思ったのですがー…、
koeeeee.jpg
リーゼ怖いっす。君そんなキャラだったっけ…?
おかしい、私はどこで何を間違えたんでしょう…。
いや、表立ってそんな怖い行動をしてるわけじゃないはずなんですが…!
や、ほんと小説とか創作とかって実際書いてみるまでどうなるかわからないですね…。



立ち絵1   2011.08.26 // 創作

ペンタブが使えるようになったよー!ということで練習がてらオズ。
デジタル久々すぎだろう…!とりあえずは何の変哲もない塗り方で塗ってみました。
それにしてもオズだから縦に長い…!

久々にデジタルで本気絵描きたいです。ちなみに現在ある下書き絵はまたオズ。
ということはオズ2連…だと…?ざわざわ…

でもアナログでペン入れ済んだのが1枚あるからなんだかんだでそっちが先になりそうです。


noikun.jpg
葉乃ゆうさん宅のノイ君。割とシンプルながらも魅力的なデザインに惚れましたv
中世的な外見にヘッドホンとか素敵すぎます。
そしてそれ以上に性格にキュンときました。なんて素敵なツンデレ…!
素敵な子を描かせてくださりありがとうございました!

背景は素材を利用させていただきました。


輪るピングドラム   2011.08.22 // 版権
久々に版権あげてみます。

takakura.jpg
輪るピングドラムの高倉3兄妹。三人ともかわいいです。


20790019_p0.jpg
ちょっとでかいのでサムネで。同じくピンドラの夏芽真砂子。


なんか昔より泣く回数と時間が多い気がするんですが最近。
昔なんか30分泣いてただけで長いなと思ってたのに、今は一度泣いたら1時間以上がふつうだもんなあ。

気晴らしにまた拾ってきたバトンでもやってみます。
すっげー面白そうなバトンをまた南瓜ばくだんさんからいただきました!


【創作せくすぃーパーツバトゥン】

これから挙げる体の部位で、「○○といったこいつが一番エロい」と思える創作キャラを答えていってください。
どんなふうにエロいのか説明があるともっとムフフです。

1.脚
だれだろなあー、ティーナとかですかね。ルイーネもちみっちゃくなかったらエロそう。
あと地味にジュンが生足露出でせくすぃーかもとちょっと思ったり。
ポワゾン・ガトーのソーダなんかも生足リボンでそうかも。
あとレデスト1部の栄恋は異様に足が長いという設定があったり。栄恋の脚の付け根の位置=奈々の腰の位置

ワルツは間違いなく脚フェチなんでこの手の子は多いかもです。

2.手
手…手は…誰だ…。
オズとか…?すごく指パッチンのイメージがあって←
あと、永遠とかいい手してそう(待


3.腰
ロゼット!!ちゃんとした全身図あげてないですが、こいつは衣装的に既にセクシー担当だと思います。
あとは、永遠とか第2部の秋桜とか。地味にせくすぃー担当が多いレデスト。


4.背中
ロイド!!!ロイド一択!理由はネタバレになるから言わない。


5.胸
ルルカ、ロゼット、永遠、三月。異論は認める。


6.鎖骨
鎖骨…鎖骨だと…?誰?(
じゃあ、サバトとディオンのイケメン担当コンビ(心の中の)で。


7.口元
口元…だと…?じゃあ、オズ。
あと地味に桜花とかも入れてみる。


8.目元
目元…!?また難しいことw(
じゃあリディと白奈で。リディの目はー、優しさと純粋さの裏に、貪欲さの隠れた目なんだよー。


9.声
ゼオン、オズ、ロゼット、永遠、ネロ。
ポワゾン・ガトーのネロは、あいつはいつもはのんびりだけど、真剣モードになるとガラッと声変わりそう。

なんつかオズ、ロゼット、永遠の3人の割合が圧倒的ですね。
たぶんこの3人が自分の中でのせくしー担当なんでしょうねー。
ロゼットと永遠はまあなるだろなとは思ってましたが、オズがこんなに入ると思ってなかったです。


  2011.08.20 // diary
紺色レンジャーただいま参上!!

というわけで南瓜ばくだんさんからのバトンいきまーす!

【レンジャーバトン】

・身長は?
164.9センチ。ギリで165に届きません。


・髪型は?
ストレートのセミロングです。南瓜ばくだんさんと同じく夏はポニテです。


・好きな髪型は?
黒髪ロングゆるふわウェーブ!!

あとおかっぱ。


・目について
両目で0.1くらい…?悪いです、うん。
普段はメガネです。


・誰かに似てる?
母親に似てるってよく言われます。


・一日で好きな時間は?
創作考えてる時と絵ぇ描いてる時ですね。


・自分はどんな風に見られてる?
真面目そうとか、純粋そうとか天然っぽいとか言われます。
すごくポジティブそうに見えるらしいですが、実質すげぇぇぇぇネガティブです。


・送り主の第一印象は?
絵ぇうめえええええええ!


・送り主の事は好き?
大好きです、あこがれております!


・送り主との出会いは?
キースさんを描かせていただいた時ですね。
キースさんふつくしすぎます…!


・送り主の事はどう思う?
あったかい色使いに、おもしろすぎるキャラさん達が大好きです。
ぷまこちゃんかわいい&シュールです。

・送り主を動物に例えると?
モモンガ。ぷまこちゃん的意味で。

・恋はしてますか?
二次元にしか恋できる望みがないです。

・その人はどんな人?
えーじゃあ、
生まれる前に死んでいる冬の人。
Nの人。
髪の毛アンテナな左手が赤い子。ハイドレンジアぁー!!
某ファミレスの轟さんに惚れちゃったにーさん。

バトンを回す人を指名。指名されたレンジャー名をタイトルに書く事。

緑⇒
桃⇒
橙⇒
赤⇒
青⇒
黄⇒
紺⇒
黄緑⇒
白⇒
灰⇒
紫⇒
黒⇒

フリーで!


続いてまた南瓜ばくだんさん宅から拾い物。

オリキャラ名前バトン

1.オリキャラの名前を挙げられるだけ挙げてください。
(漢字の名前は読み仮名・外国名は英字でスペルも合わせてどうぞ)

前答えた時はほんとに全部挙げたんで、今回はちょっと絞ります。

キラ ゼオン ティーナ ルルカ オズ セイラ


2.その名前はどうやって付けましたか?理由や由来を教えてください。

・キラ・ルピア
適当。最初はキララだったんですね。それがいつの間にかキラになったんですね。なぜだ。
たぶんもうちょっと活発な響きにしたかったんだと。ルピアは…なんでだろう(爆

・ゼオン・S(シェルダン)・クロード
これも適当。最初はレオンにしようかと思ったけど、何となくレオンじゃ響きがさわやかすぎた。ただ、兄貴のディオンと似た名前がいいなとセットで考えました。
ミドルネームはさ、あるとなんかさ、貴族っぽいじゃん!←

・ティーナ・ロレック
最初はビビだった。その後ティータになった。でもティーナの方が女の子っぽいのでティーナになった。
ロレックって苗字はさ、ぶっちゃけ某時計ブランドから…(爆
ちなみにネタバレなんですが、「T-7」「609」という英数字からとった名前という設定があるんですが、実は先に思いついたのは名前の方だったり。

・ルルカ・E(エルヴィア)・サラサーテ
この子は最初からルルカだった。苗字は最初はサラサだった。けど長い方が金持ちっぽい!と思って長くなった。
ちなみにサラサーテってどっかの音楽家の名前らしいです。

・オズ・カーディガル
この人も最初からオズだったなあ。なんか童話の人の名前をつけたかったんです。
なんかかっこいいじゃん、オズって言葉!名前にほんっと似合わないキャラだけどね!
カーディガルは…カーディナルからとりました。意味は紅だそうです。

・セイラ
最初からセイラでした。なんでセイラかわかんないけどセイラでした。
後からもっと考えて名前つけりゃよかったと思ったけど、もうこれで馴染んじゃったんでセイラでいいです。


3.一番気に入っている名前は何ですか?

キラとオズですね。短い、覚えやすい、読みやすい、かっこがつく!(殴


4.この名前は珍しいのでは、と思うキャラの名前は何ですか?

そ ん な の な い !

絶対どこかで見たことありそうな名前ばっかです。実際ティーナ以外はなんかかっかで見たことあります。
ティーナもたぶんあるだろ。
苗字はクロード以外は結構珍しいの揃いな気がしますが。

5.オリキャラの二つ名や愛称はありますか??

ぶっちゃけこれを言うために拾ってきました。←
作中で言われる(不名誉)な称号とか、私の思う(不名誉な)称号とか心のあだ名とか。
ふつうに二つ名とかも。ネタバレ名は入れないでおきます。

キラ→馬鹿女 ミラ・ルピアの娘 怪力魔女
ゼオン→根暗魔法使い 冷血魔法使い 神業級フラグ建築士 盗み聞き王(私の心の称号
ティーナ→赤毛悪魔 ハイテンション女 
ルルカ→人間不信 お姫様 元王女 殺人王女 
オズ→紅の死神 化け物 安心の厨二病(心の称号
セイラ→性悪謎女 雑魚 性悪女 中身は大蛇

全部ひどいですが、ゼオンが一番ひどい。ひどいよこれ(笑
でも一番不名誉な名前が思いつくんだよね(笑
ティーナが意外と少ないけど、絶対作中で見落としているのとかあると思います。

6.他のサイトにこの名前が素敵だと思うオリキャラさんはいますか?
どのサイトさんの子の名前も素敵すぎるのですが!ピックアップでいくつか。

南瓜ばくだんさん宅のリズちゃん。(すごく名前とキャラがあってるとおもうのです。
ねここ。さん宅のチャイラン君&シュンラン君。(一度漢字の中国語読みを調べた時に、もしやこれは…!と思うのがあって感動しました← もし違ったらー…すんません。
ゆずさん宅のオルシス君。(名前でもう一目ぼれでした←
蒼すだまさん宅の朱珠くん。(朱に珠ですだまと読むんだと最初見た時感動しました。そしてすだまさんとのHNとのシンクロにさらにときめきました。



何を描こうかなー   2011.08.18 // diary
こんにちは。ちょいと沈んでました。
オフがなかなかうまくいかなくてですね。うん、まあこういうこともあるよね。
鬱すぎて更新できなかったんですが、昨日はちょっとだけマシだったんでちょっと更新。

報告が大分今更ですがいちねん。の7月更新。
まさか前回更新した時にぼそっと呟いたことがここまでネタバレになってしまうとは思いませんでした。すみません。
なんだかんだ書き始めてみると予定と大きく違ったりするんですよね…
前半の展開がどうもぎこちなくて気に入らないんですが、後半は頑張りました。
ちなみに、彦星さんとか他の月の子のことも考えてこう願えばいいじゃないか!と思った方が多分居るんじゃないかなあと思うんですが、そっちのパターンは「えいえん。」でやると思います。

何を描こうかなー。ネタがありません。さっさとポワゾン・ガトー更新に行ってもいいんですが、その前に何か描きたいなあとか。
またよその子さんでも借りようかな?


julyy.jpg

頭上に広がる天の川。川岸に輝く織り姫星と彦星。

この日なら、数万光年の川さえ渡れると言うのなら、
どうかこの願いも聞き入れてください。

ななつめのつき。もういちねんもあと半分。
あの子の運命に気づいた少年は、一体何を願うのでしょう。


眩しい。真夜中なのにそんなことを思いました。
布団から出て、思わず窓を開けました。だってこんな光景見たことがなかったのです。
星が呼んでいるような、そんな気さえしました。濁りの無い漆黒に散りばめられた無数の星達。
赤、青、黄…眩しく輝く者もいれば淡く瞬く者もいて。
僕は釘付けになりました。よくまあうまいこと晴れたものです。天の川に川の字が付くわけが今とてもよくわかりました。
天の川の両岸には一際強く輝く星が一つずつ。その時になって今日の日付を思い出しました。
七月七日。織り姫星と彦星。昔の人は星から物語を生み出すなんてよくやるなあと僕はしみじみ思いました。
その時、声がしました。

「なんじゃ、何の変哲もないガキじゃのう。」

僕は思わず震え上がって部屋の中に引っ込みました。そして恐る恐る窓の外を見ました。
そこには一人の女の子が宙に浮いていました。派手な水色の髪に赤の着物、ふわっとした柔らかい布をまとったその子は七夕の織り姫そのもののようでした。

「君、もしかして七月の子?」

「ほう、阿呆ではないか。その通り、ワシが七月じゃ。
 ジュンからお主の話を聞いての、ちょいと顔を見に来たのじゃ。」

月の子の側から会いに来たのは初めてでした。

「お主、名前はたしか…ホトトだかなんだか…」

「……子規です…。」

変な名前で噂しないでほしいのですが。ため息つきながら僕は尋ねました。

「ところであなたの名前は?」

「ワシか?ワシの名は彦星じゃ。」

彦星、の名前に思わず首を傾げました。見た目からしてどう見ても彦星というより織り姫です。

「織り姫の間違いじゃないですか?」

「姫などとは失礼な!ワシゃあ男じゃぞ!」

「男!?」

僕は思わず大声を出してしまいました。どう見ても女の子です。顔つきも髪型も服装も女にしか見えません。

「あの…男と主張したければ、服と髪型変えた方が…」

すると彦星は女の子みたく頬を膨らませて怒り出しました。

「昔は違う格好じゃったんじゃがな、人間に会う度に『七月といえば織り姫』と文句つけてくるから『いめちぇん』してやったのじゃ。
 そしたら今度はみんな女と間違える!なぜじゃなぜじゃ!」

そりゃあ織り姫の格好だからだと思います。一人で怒っている彦星に僕は少し呆れました。

「あのー…、愚痴を言いにきただけですか?」

すると彦星は急に怒るのを止めてこちらを向きました。どうやら他にも用があるようです。
そして彦星は髪飾りの短冊を一枚取り、僕に突きつけました。

「願い事、書け。七夕と言えばお願いなんじゃろ?」

差し出された短冊を見て、少しだけ僕は不愉快になりました。
書いたところで実現するわけじゃないのです。手の届かない星に祈ったところで、一体何になるというのでしょう。
虚しいだけです。

「願いなんて書いても、叶うわけないですよ。」

「まあとりあえず書け。無茶な願いでも書くだけならタダじゃ。」

楽観的な人だな。皮肉のようにそう思いながらも渋々ペンを取りました。
キャップを外し、願いを書こうとしました…が、書けませんでした。
何を願うか決まらないのです。ぐしゃぐしゃと様々な事柄が絡み合ってペンが動きません。
真っ先に浮かんだのは、はづきの顔…一月の雪の日…そしてあの椿の花の子…。
僕は会いたいのでしょうか、忘れたいのでしょうか。はづきでしょうか、椿の花の子でしょうか。
喉に何かが詰まったような感じがしました。確実に何かを望んでいるのに、それが何かわかりません。
それを見た彦星が言います。

「まあ急がなくてよい。星でも見ながら考えるのじゃ。こうしてのんびり星を見ていられるだけでも幸せなことじゃからな。
 戦争があった頃なんかはのー…」

「あれ、戦争があった頃にはもう居たんですか?」

僕は思わずそう訊きました。戦争なんて割と昔の話です。

「ああ、ワシは割と古株じゃからな。今居る月の奴らの中じゃ三番目くらいかの。」

「え、『月』になるのに順番とかあるんですか?」

「ああ、ある。」

願い事の事も忘れて素直に感心しました。今まで何度も月の子に会ってきましたが、まだ知らないことがたくさんあるようです。
当たり前といえば当たり前。そもそも月が人の形をして見えている時点で普通のことではないのですから。
それでも初めて月の子と会った…あの一月よりは随分わかってきた方でしょう。
すると彦星が続けて言いました。

「ジュンは多分八番目くらいじゃな。一番目は…」

「そういえば、一つ訊いてもいいですか?」

ジュンの名前を聞いて一つ思い出しました。気になっていたことがあるのです。
ジュンは自分は「ろくがつ」だから「しちがつ」や「はちがつ」には行けないと言っていました。
四月の桜花は、自分達は隣り合った月の子としか会えないと言っていました。
矛盾しているのです。

「月の子って、他の月に行けないんですよね?隣の月も無理なんですよね?」

「そうじゃな、基本的には。」

「それなのに隣の月の子とは会えるんですよね?」

「そうじゃ。」

「『いつ』他の子と会っているんですか?」

他の月に行けないのにどうやって他の月の子と会っているのか…少し疑問に思ったのです。
その答えの先に何を見るかも知らずに。

「ひと月の最初の日と最後の日、その二日間だけワシらは数時間だけ隣の月にお邪魔できるのじゃ。
 その時にお隣さんとも会う感じじゃの。」

「え…いつでも会えるわけじゃないんですか?」

「そうじゃな。」

へえ、と僕は更に感心しました…が、その時。僕は恐ろしいことに気づきました。
気づかなければよかったのにと後悔しました。なぜもっと早く気づかなかったのかと後悔しました。
今まで月が進む度に出会い、話した月の子達が背負っているものは、実はとてつもなく重いものではないのでしょうか。
実は想像以上の過酷な運命を背負っているのではないでしょうか。
だからこそみんな、僕みたいな「人間」に会った時、あんなにも明るく楽しそうに話してくれたのではないのでしょうか。

今の彦星の話が本当なら、他の月の子に会える日はひと月に二日です。
僕に会った時の月の子達の反応から、どうやら普通の人にあの子達は見えないもののようです。
そして、ジュンは、月の子は自分の月以外の月には行けないと言っていました。

それは恐ろしく孤独な世界なのではないのでしょうか。
他人と話すことができるのはひと月に二日だけ、人々はみんな自分の姿は見えず無視していき、ただ同じ月の同じ景色だけが永遠に繰り返される世界。
人間達が通り過ぎ、次へ次へと月を渡っていく中、たった一人置いてきぼりにされるのはどんな気持ちがするでしょう。

「彦星さん。…寂しくはならないんですか、『月』でいることは。」

彦星の顔色が少しだけ悪くなった。目をそらす言い訳のように星を見上げて言った。

「全く無いと言ったら嘘になるのう。」

どこか寂しげな顔。どこかで見たような気がしました。
そう、あの椿の子。笑っているのに、どこか寂しそうで、儚げで。
彦星はどこかあの子と似た笑顔を浮かべて言いました。

「じゃが、大丈夫じゃよ。一人ぼっちなのはたった29日じゃ。お前のような奴もたまに来るしのう。」

その姿が健気に感じました。そして悪戯っぽく僕に言いました。

「ほれ、そろそろ願い事書けい。人の願い事をじろじろ見るのがワシの楽しみなんじゃ。」

そう言うならと僕はペンを取りました。左手に短冊。願い事、そう聞いてあの子の言葉が蘇りました。
『来年も来てくれますか?そしたら…少しだけ、笑ってくれますか…?』
あの時は何も知りませんでした。あの子の運命なんて知る由もありませんでした。
けれど、今はわかります。僕は迷わず一気に願い事を書ききり、短冊を彦星に突き出しました。一斉一大の決断でもするように。

「…これが、お前の願いか?」

急に彦星の顔色が変わり、確認するように短冊の内容を僕に見せました。これにはむしろ僕が驚きました。
青ざめられるような願いだとは思っていなかったので。僕は強く言いました。

「…はい。」

『もう一度、一月の子に会えますように。』
迷いはもうありません。凍てつくようなあの雪の月。永遠の一月に閉じこめられているあの子の姿が浮かびました。
あの寂しそうな笑顔が消えないのです。あんな顔よりももっと嬉しそうな笑顔が見たいのです。
そんな僕を見て、彦星は何か懐かしいものでも見るような目をしました。

「昔、お前と似たようなことを願った奴がいた。お前と同じく、会いたい月の子が居た。
 だがそいつは、その子の存在に取り憑かれたようになり、結局…ろくな末路を辿らなかったようだ。
 今のお前の目は、そいつとよく似ている。それでもお前の願いは変わらんか?」

どこかで一度聞いた忠告に似ている気がします。どこで聞いたのだったでしょう。
どちらにしても、僕の願いは変わりません。僕は迷わず頷きました。
彦星は不安げな顔をしましたが、それでも言ってくれました。

「そうか…なら、叶うといいな。」

そう言うと、彦星はその短冊を髪飾りのようにつけ、星空に向かって飛んでいきました。
僕はその姿をずっと見つめていました。どうか、叶うようにと祈りながら。
あの子の幸せそうな笑顔が見たいのです。僕の為にでなく、自分の為に笑ってほしいのです。
まだぎこちなくしか笑えないかもしれないけれど、それでも、あの子に会い…笑えば、それであの子が幸せに思えるのなら。
会いに行こうと思ったのです。


続きでキャラ紹介です。
...read more


中期おわた!   2011.08.09 // diary

いちねん。より9月の月(ルナ)。月擬人化創作なのに名前がまんま漢字で月なのには一応意味があります。
9月まであと二月分ー!お気に入りなので描くの楽しみです。
7月はもう少しで更新できそうです。やたらいちねん。ばっか更新してるのは一番話がまとまってるからです。
その場の勢いで描いても支障ないですし。
ポワゾン・ガトーにも手ぇつけたいんだけどなー。なんせワルツは詰めが甘い子だから見落としないかとか心配…。
というか13話で終わらせたいという野望があるんですが、結構内容きっつきつになりそうなんですよねー。
やっぱ分けるべきかなあ。携帯で書いてると1話分に全角5000字が限度なんですよ。
ちなみにオズマの風景画はもうちょい後で…!1、2話の方針が決まらないんで。

明日休講日でやすみだー!ろくな進歩もなしに中期が終わってしまったよ!くそー悲しいなー…
とりあえずごろごろします。お寝坊します。
でも夏場は暑くて寝苦しいんですよねー。春が一番寝てて気持ちいいです。
冬も布団にくるまっていも虫状態で寝るの気持ちいいけど布団から出た時が悲しすぎて…!

最近まさかのポケモンのルビサファに再ハマりしました。バトルタワー用ポケモンを育て中です。
リボンを22個持ってるキレイハナがいるんですが、バトルタワー50連勝のリボンがほしくて。が、技がもろにコンテスト用だったり。
一匹でリボン22個とか色々アホです←
コンテストとか全部門全ランククリアしたんだぜ…!こんなやりこみ方誰もしないよ…!

ミナモシティの美術館の絵画が5枚中3枚キレイハナです。夢はオールキレイハナ←
愛じゃよ、愛。ポケモンに対する愛が大事なんじゃよ。
あとルビサファの俺の嫁はマッスグマとジラーチ。
マッスグマはもふもふものひろいかわいい。ジラーチはかわいい見た目&強いのギャップ好きです。
この年になってもまだポケモン卒業できてない件←



鎮魂歌のショコラ・ブラック。心のあだ名は黒ショコラ。←
不器用っ子。嘘がとてもお上手な鎮魂歌メンツの中じゃ取り繕うのが割と下手くそなもんだから、脇役組の中じゃ序盤からそこそこ存在感のあるお嬢さん。
鎮魂歌メンツは一部を除いてかなりの嘘つき揃いです。どこで嘘つかせたかよく忘れます。
メインのオズは言わずもがなだけど意外とティーナの嘘つき度も高い。
でも一番は脇役の皆さん方かな。誰とは言いませんが。
でもこっちは嘘というよりは展開を操る発言と言った方がいいのかな。

昨日久々に梨剥きました。べっ、別に今までお母さんにやらせてたとかじゃなかったんだから!
…うん、怠け者です、悪い子です、うん。林檎より剥きやすかったです。
鍋の取っ手の取り方がわからなくても、梨は剥けるようです。
お料理くらいできるようにならなきゃなあ…!まずは目玉焼きを焦がさないとこから!←


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。