上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


IMG_tttt.jpg


白い 白い ハジマリの時。

人は皆、暖かい家に閉じこもる。

木の葉の緑も、空の青も…あらゆる物から色が消える季節。

人も 色も 全てが白くぼやけるこの時に、
僕は君のもとを訪れました。

久しぶり。元気?今何してる?

ここ寒くない?最近どう?

君は答えません。目の前には誰もいないのだから。
ただ、黒い御影石が佇んでいるだけ。墓は、話すことも喋ることもしてくれませんでした。

僕の学生服に真っ白い雪が降り積もります。
聞こえてくるのは自分の息の音だけ。
思い出の中の君の声は、今もあんなに鮮やかなのに。

何か暖かいものが目の辺りにこみ上げてきました。
けれど、泣くことはできませんでした。
その時です。


ぽとり。


何かが落ちる音がしました。微かで、すぐにかき消されてしまいそうな音だったけれど確かに僕には聞こえました。
何故だかその音を無視できませんでした。
気がついた時には、もう墓石に背を向けていたのです。


「どうしてですか?」


綺麗で、けどどこか儚い声でした。
僕は『彼女』を見た途端、思わず声をあげてしまいそうになりました。
彼女は君と瓜二つでした。けど、君じゃないと確かに感じました。

真っ黒い髪、着物にもドレスにも見える真っ白い服。
そして、頭には紅椿の髪飾り。白い白い世界の中、その花はどこか異質に見えました。
儚くて、今にも消えてしまいそうで、けどどこか凛とした雰囲気を漂わせる…そんな人でした。

彼女は、足もとに落ちていた椿の花を白い指で拾い上げました。
「散る」ことすらなく、雪に落ちた椿の花。もう、「花」ですらない椿の花。
彼女は君にそっくりでした。幽霊でも出たんじゃないか、そう思ったくらいでした。
彼女はたずねました。

「あなたはなぜここにいるのですか?」

「…どうしてそんなことを聞くんですか?」

僕はつい冷たい態度をとってしまいました。
彼女が君に似ているのが、腹立たしくて、でも、また君に会えたような気がして嬉しくて、よくわからなくて。
気持ちの整理ができなくて、もどかしかったんです。

「1月1日ってもっと素敵な日でしょう?一年の始まりを御祝いするんですよ。」

「生憎、僕には素敵な日じゃないんです。」

そして、彼女に背を向けました。
目の前には黒い御影石。世界で一番大切だった人の、骨が埋めてある場所。
花束を墓の前に置き、線香に火をつけます。
背後に立っている彼女の声はまだ消えませんでした。

「新年のお祝いはしないんですか?」

「してもしなくても、大して変わりないと思いますけど。」

口をへの字に曲げる彼女の姿が目に浮かびました。
君なら、きっとそうして、文句を言うだろうと思いました。

「だめですよ。七福神様に怒られますよ。
 あげましておめでとうー!ってするんですよ!」

彼女の無邪気な声が聞こえます。
だが、その無邪気さはすぐ消えてしまいました。静かな沈黙。
寂しい。悲しい。彼女の「感情」が聞こえた気がしました。

「なぜあなたはここにいるんですか?
 あなたは誰なんですか?」

僕は彼女にたずねました。
けど、彼女は答えてくれませんでした。
気まずい沈黙は、白い雪に包まれました。
そして彼女は言いました。

「…来年の今日も、あなたはここに来てくれますか?」

僕は頷きました。
次の年も、その次の年も、僕はきっとここに来るでしょう。
だって、君がいなくなって、僕はまだ悲しいから。

「じゃあ、来年は私がお祝いしてあげますっ。…そしたら、」

彼女の声が静かになりました。
雪のような、今にも消えそうな儚い声がします。

「少しだけ…笑ってくれますか?」

僕は思わず振り返りました。
でも遅すぎました。あの声も、彼女の姿も、もうどこにもありませんでした。


残ったのは、雪の上にぽつんと在る、赤い椿だけでした。





月擬人化の子のお話。それにしてもいったいどこが1月?
タイトルは思いついたら書きます。んでカテゴリ分けもします。
続きからキャラ紹介的なものです。
...read more
スポンサーサイト


もりもりらくがき   2010.04.06 // images
IMGotonatati.jpg


TARキャラ第2弾。左から、ジャック、グリフォン、八田狂矢、雪村白百合。
明らかに一人雰囲気がおかしい。サングラスのおっさん描くのはじめてです。
八田の服はてけとーに決めたんですが今思うと白スーツかよ!ってかんじ。
それにしても結局みんなトンデモ服になったなあ。特に女性陣。制服、白かよみたいな。前回の三月なんてそれに加えてニーハイだし。どこのコスプレだ。
でも白奈は白にしたい…絶対白にしたい…!

最近レデストとTARの世界観をつなげようかなーと考え中。世界観というか世界観の根本というか。
話的には全く関わりませんが。レデストの話がTARの話にかかわることはほとんどありませんが。
やっちゃった方がおもしろいじゃんひゃはー!な理由とはちょっと違って。
レデストの中で、話の方針的には回収しなくてもさほど問題はないけれど、読んでる側からしたらこれが明らかにならないともやもやすんじゃないかなーって伏線が1つあるんです。
何かというとぶっちゃけ永遠が持ってる本についてです。(ネタバレ反転
世界観つなげたら、TARの話の中でそれが回収できるかもしれない。まだ話を全然考えてないんでかもしれないですが。

それにしてもあれだ、TARは私の創作の中で一番難しい創作になりそうです。描いてる側も読んでる側も。
「存在」についてこれだけ真剣に考えたのはじめてだよ。
雰囲気だけ見たらただの中二病なんですがね。
鎮魂歌は状況整理と人間関係が難しい創作だったりします。TARは世界観の理解と定義が難しそう。
となると、ある意味レデストが一番わかりやすい話なのかなあ。あの創作が実は意外と一番最終的にゴリ押しになりますし。最終的に意志の強い奴が勝つ!って感じになるんで。
異世界ファンタジーですし、パッと見は鎮魂歌の方がゴリ押しそうに見えますけど。
鎮魂歌は絶対ドラゴンボール現象(次から次へと強い敵が出てくる系。ジャンプやサンデーみたいな少年マンガっぽい話。)は起こさせませんよ。異能力やら魔法やら、強さのぶつかり合いで問題を解決って方向にはしたくない。
そのために最強クラスのキャラを最初っから出してあるんですから。


続きでまたネタバレなラクガキ。
...read more


やっとおわた!   2010.04.05 // images
春期講習おわた!
だが英語の予習がおわっとらん!なんてこったい。

ちょいちょいお知らせ。
ワルツは新学期から魔の受験生(キラッ☆)になります。
通常更新はこれからも変わらず続けますが絵の出現率が減るかもしれません。
そこのとこご了承くださいませ。

そういえば地味に鎮魂歌更新しました。
タイトル編集がめんどくさい件について。

alanのover the clowdのリピートがとまんねぇ!なんで?ねえなんで?
最初はあれだ、「いい曲だけどalanじゃねーなあ」と思ってたんだ。
けど気づいたらエンドレスリピート、なぜだ?
なんかね、あの曲のチキチキいってるベースの音が好きかもしれない。それかな?


IMG_misa.jpg
バッシャーさん宅のミサさんをおかりしました。
堕天使で黒い子とかまさに私のための子ですねわかります。羽っ子羽っ子!
バッシャーさん、ありがとうございました!


続きで盛大にネタバレなラクガキ。
...read more



◇ルール説明

ルールは簡単。
基本的に、「主人公」、あるいは「魔王」のどちらかを殺すことだけです。
「主人公」か魔王のどちらかが殺された時点でゲーム終了になり、殺した人物が勝者になります。
勝者以外の参加者は、ゲームが終了すると皆殺しにされます。
殺し方や能力の使い方は基本的に自由です。
フィールド内で見つけた武器も好きに使って構いません。
勝者には願いを一つだけ叶える権利が与えられます。


・「主人公」や「魔王」が自殺したり、ケモノに殺されたり、その他の事故で死んだ場合、勝者は無しになり、全員皆殺しになります。
・「主人公」や「魔王」に死亡するほどの致命傷を与えた人物が「主人公」「魔王」より先に死んだ場合、勝者は無しになり、全員皆殺しになります。


◇用語説明

・「主人公」「魔王」
プレイヤーが殺すべき標的。プレイヤーの中からランダムで選ばれる。
「主人公」には右手に剣の、「魔王」には左手に大蛇の刺青がある。
二人のうちどちらかを殺すことがゲームの勝利条件。
また、「魔王」の能力は強力なかわりに代償が必要であることが多い。

・「能力」
このゲームの参加者に与えられる特殊な能力のこと。
使い方は自由で使用制限などはないが、使うと少し体力が削られる。
ものによっては使うのに代償が必要な能力もあるので注意が必要。

・「ケモノ」
フィールド内に生息している動物のこと。
ただし、動物とはいっても現実に存在する動物とは違って、凶暴で人を襲う。人肉、あるいは血を主食とする。
ケモノにもさまざまな種類があり、種類によって強さも違う。
レデストワールド内のどこかには他のケモノと桁違いの強さを持つ最強のケモノがいるらしい。






弟がSAIが入ってる方のPCを貸してくれないから、ルール説明更新しちゃったよ!
つか前々から思ってたんですが、このブログ、HPにランクアップすべきですよね…


ソーマかっけえよ、シオかわえーよ。ソーマソーマ。
alan素敵すぎるよ。神曲じゃ。いいな、ゴッドイーター…。
でもあれだよ。きっと1週間経ったら何も言わなくなってるよ。飽きるの早い子だから。

ああ、感動系の話が書きたい。
うちの創作ファンタジーだの熱めだのが多いからなあ。
強いていえばレデストですかね?でも感動系の下りになっても永遠さんぶちこわしにしちゃうからなあ。
小説家になろうに登録してるから、作者ページにリンクしたらなんか書いたらだれか見てくれますかね?でもあれだなあ。私感動系の話は長編で書きたいなあ。
てか短編にまとめるのがけっこう苦手かもしれぬ。ありがちネタしか思いつかないよ。
レデストでさえけっこう頑張って1部1部短めにまとめたつもりなんだよ、あれでもね。


そうだ、素敵な頂き物をいただきましたー!


IMG_004278.jpg
パッシャーさんにセイラを描いていただきました!かわいいっ!
くすっという笑いがセイラです。すごくセイラです。
本編未登場だからわからんかもしれないけどセイラってこういう子です(笑
素敵すぎる・・・!パッシャーさん、ありがとうございました!


e08.jpg
見ろ!憧れのゆずさんに奈々を描いていただいたんですよ!
なんつかもう、かわいすぎて即死するかと思いました。
キラキラかわいい画風が相変わらず素敵です。表情も奈々らしい…!この表情で鏡に「せいぜいがんばってね!」って言うんだよね、わかります。
もーかわいいなあかわいいなあ。チビキャラをかわいく描けるって素敵ですよね。
ゆずさん、ありがとうございました!


あれ、というかカウンター…あれ?
この前4000くらいじゃなかったっけ?


返信返信。   2010.04.02 // diary
イヤホンが弟に奪われたから、近くにたまたま転がってたイヤホン使ったら、予想外の音質のよさにびっくりなんだが。


続きから返信ですー。
...read more


案の定   2010.04.02 // diary

案の定撤収しきれなかったのでもう1日だけバルタンブログをお楽しみください(笑


エイプリルネタに反応ありがとうございます!
ほんとはもっと作り込みたかった!
いや、本当にエイプリルネタ楽しいね!私も色んなサイトさん回ったんだけどいやぁ楽しかった!
個人的にあかねさん宅は凝ったなあ!って思う。いやぁ楽しませていただきましたー。


こっからは普通の記事ね。
ゴッドイーターのソーマがかっこいい…!(突然
好きな歌手さんが歌やってると聞いたんでOPとプロモアニメと公式視たんですよ。
公式で真っ先にこいつかっけぇと思ったんだけどプロモアニメでやられた。あれはかっけぇ。アクション圧巻。
巷じゃアリサさんが人気のようだけどソーマかっけぇ。
ソーマとシオが好きじゃ。
そして私はやっぱり褐色肌と白髪の人が好きだと自覚。かっけぇ素敵。
買わないけどね☆だって恐怖の受験生だもん☆
結構男性向けっぽそうだし。かといって思い切り女性向きでも買わないんですがね。つか自分からゲーム買わない奴なんだ。

返信は後ほど。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。