上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


nono.jpg
名前:川崎奈々(カワサキ ナナ)
性別:女
第1部の主人公。真面目でおとなしい性格だがしっかりもの。
幼い頃の経験の影響で若干人間不信気味なところがある。
鏡とは幼馴染。兄の慎を慕っていて少々ブラコン気味。
本人は気付いていないけれどかなりの毒舌家。
実は恐ろしいくらいの辛党だったりする。
能力は「ロガー」。チェーンソーを召喚することができる。
 
kyokyo.jpg
名前:遠藤鏡(エンドウ キョウ)
性別:男
奈々の幼馴染で同級生の少年。昔から密かに奈々を想っているけれど全く気付いてもらえない。
自由奔放な性格でかなりの馬鹿。運動神経がいい。
剣道部に所属していて剣道の腕前はかなりのもの。
レデストワールドのルールに誰よりも納得していない人物。
能力は「剣士」。竹刀を日本刀に変えることができる。

kiri.jpg
名前:竹内霧也(タケウチ キリヤ)
性別:男
鏡のクラスメイト。鏡よりも身長も体格も小さめ。
基本的に温和な性格だが見た目に反して敵と判断したものには容赦ない。
銃を武器として扱うが扱い方は自己流。奈々や鏡より戦闘能力は高め。
栄恋とは幼馴染で声を失って落ち込んでいた栄恋をいつも気にかけていた。
能力は「スコープアイ」。遠くの物を拡大して見られる。また発動中は右目が赤くなる。

utahime.jpg
名前:五月原栄恋(サツキバラ エレン)
性別:女
霧也の幼馴染で少し前に大ヒットしたアイドル歌手。
喉の病気のせいで声を失い、歌手をやめることとなった。
そのせいで落ち込んでいたがレデストワールドに来て「歌姫」の能力を得たことで再び歌えるようになる。
栄恋がこの世界にくることになったのは慎のおかげらしく、慎に恩返しがしたいと思い慎について行っている。
アイドル歌手だったくせに力が強くて身軽。主にナイフと手榴弾を武器とする。
冷めた性格だが慎の邪魔をする者に対しては容赦なく攻撃する。
能力は「歌姫」。この能力の発動中は喉の病気と関係なく歌うことができる。
一応この能力で空気を振動させて物を動かすこともできるが栄恋はこの能力を決して戦闘には使わない。

niityann.jpg
名前:川崎慎(カワサキ シン)
性別:男
奈々の兄であり第1部の「魔王」。
母親のもとを離れてから奈々の面倒を一人で見てきた優しいお兄さん。
だがなぜかレデストワールドに来てから冷酷な性格になってしまい、奈々を拒絶するようになる。
栄恋と共に行動しているが慎は全く栄恋をあてにはしていない。
栄恋のことを名前で呼んでいるが単に苗字が長くて呼びづらいからだったりする。
武器は主に銃。実力は霧也と同じか少し上くらい。
能力は「メドゥーサ」。視線の先のものを石化させる能力。


スポンサーサイト


mikimiki.jpg
名前:永遠(トワ)
性別:女
紅い月の昇る世界「レデストワールド」の支配者。
自らを「著者」、あるいは「永遠の魔女」と称す。
髪の色は白と青と紫が混ざり合ったような奇妙な色。目は右が蒼、左が紫のオッドアイの美人。
現実的に考えてとても実在するとは思えないような容姿をしている。
一見おっとりニコニコしていて、のんびりした口調で話すが、実はかなり情緒不安定で狂気的なところがある。
外見は大人の女性だけど少女のような幼い面がある。
あらゆる願いを実現させる「本」を持っていて、本に書いたことはなんでも現実になる。
その本の力を使ってレデストワールドで残酷なゲームを行っている。
何の目的でそんなことを行っているかは不明。




名前:洸(コウ)
性別:男
永遠の執事であり、レデストワールドの案内人の青年。
黒髪赤目で右目を眼帯で隠している。
常に敬語で話す。一見物腰柔らかな青年だが本性は永遠の命令をこなすためなら手段を選ばない。
巨大な鎌を使って相手を脅すこともしばしば。良くも悪くも永遠に忠実。
洸は永遠の本の力で守られているため、通常の攻撃は全く通用しない。
ジェットコースターのレールから無傷で飛び降りたりなど、超人的な身体能力を持つ。
大抵レデストワールドに来た人物に案内をするので「案内人」とも呼ばれる。


zanzan.jpg
名前:黒園斬(コクゾノ ザン)
性別:男
洸を追う謎の少年。髪と目の色が永遠と全く同じ。
挑発的な性格でよく他人をあざ笑う。はっきり言って性格が悪い。
レデストワールドにやってきた人々の前に現れては謎多き言葉を残して去っていく。
永遠と同じ「願いを実現させる力」を使うことができる。永遠のように本を必要としない代わりに力は永遠より小さい。
武器はニ丁銃の「ヘンゼル」と「グレーテル」。「ヘンゼル」は連射型の普通の銃で「グレーテル」はアンティーク銃。「グレーテル」には不思議な力があるらしい。
異質な容姿と戦闘能力の高さから「夢幻のガンナー」の異名をとる。
実は密かにロゼットに想いを寄せている。


rozeroze.jpg
名前:ロゼット
性別:女
レデストワールドに住む生物、「ケモノ」の少女。普通の「ケモノ」と違って人の姿をとることができる。本来の姿は巨大なカラス。
人の姿の時は髪の毛と目はピンク色。スタイル抜群で黒い露出多めな服を着ていて、かなり容姿が派手。
死霊を操る力を持つ。レデストワールドには死霊があふれているため、その力は強大。ケモノの中では最も力が強い。
ケモノたちに王女のように慕われているせいで「黒の姫君」の異名をとる。
人ではなくケモノであるせいで価値観が人間とかなり違い、会った人間をよく混乱させる。本人曰く「人間の思考は理解できない。」らしい。
だがその割に甘党だったりやたらイケメン好きだったりと人間くさい部分もある。
斬と話したり協力することが多い。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。